YABU-RYU CLUB
私は作品をつくるにあたり明確な完成予想図を描かない。代わりに目前の空中にドローイングを行う(想像する)。そして、ただひたすら手の中の粘土を指でつぶし、つぶし、またつぶす。この感触を楽しむうちにいつの間にかカタチが生まれてゆく。混沌と調和が絶妙に交差し大胆かつ躍動感溢れる奔放な造形物、縄文土器。縄文人もそうであったと私は思うのである。

New Arrivals

NEWS

BLOG

STORE

ファンクラブのご案内